宝石のリフォーム、修理、加工の専門店です。

‘リフォーム’ タグのついている投稿


2 / 18先頭32最後
最近のリフォームで多いのが指輪をネックレスにして欲しいというご希望や デザインが古くなったのでペンダントネックレスをリフォームして欲しいというご要望が 多くなっていますね。 お客様のお話をよく聞くと指輪はあまり着けなくなったのでネックレスだったら 着けやすいと言われます。また、おばあさんやお母さんの昔のデザインのネックレスを自分の好みの デザインにリフォームして欲しい
シャロンで最も気を使って作り込んでいく部分がフィット感の良さです。 着けていることに違和感を感じたりすると指輪を着けること自体が苦痛になりますよね。 特に結婚指輪や婚約指輪などは毎日ずっと身につけているのでとても大切な部分だと思います。 写真で見ていただける分かると思いますが直接、肌に触れる部分には柔らかなカーブ を着けて指に馴染む様に作っています。もう一点、指輪の裏に地金をしっか
立て爪の婚約指輪が引っかかるので着けにくいって思われてる方が多いですね。 立て爪のダイヤモンドの指輪はダイヤモンドを美しく見せる為のデザインで昔の 婚約指輪はほとんどがこのタイプでした。 ケースに入れてタンスにしまわれている様です。普段使いしやすい指輪の高さを 抑えた指輪にリフォームされるとお洒落なアイテムとして復活することができます。 ダイヤモンドの周囲をミル打ちし
岡山県にお住いのお客様からご注文をいただきました。 18金のコインの枠を材料にして縄目の指輪にリフォームして 欲しいとのご要望でした。 普段使いで仕事でも使えるように1.5mmの幅でお作りしています。 指輪 リフォーム料金 ¥40,000 指輪のリフォーム例を紹介しています。
祖母のダイヤモンドの指輪に石が3つ付いていました。 指輪を拝見するとダイヤモンドのキャラット数がそれぞれ 打ってあったのでいずれは誰かに譲ってあげようと考えて おばあさんが考えていたんだな〜と思いました。 おばあさんのその思いをシャロンで実現できることは とても幸せなことです。 お孫さんの希望はダイヤモンドを中心にして小さめの 6本爪で留めてリングの腕の部分にメレダイ
指輪とネックレスうけとりました。ありがとうございました。自分のサイズになったら、あれ、意外と自分の指にしっくり合いますね。すぐつかえそうな、素敵なデザインです。つけごごちもよくて、満点です。
おばあさんが大切に使っていた指輪をリフォームする第一弾です。 この指輪を拝見するとダイヤモンドが3つ入っているのですが リングの裏側の刻印を見るとそれぞれのダイヤモンドの刻印が3つ 入っていました。普通は3つのダイヤモンドの合計でキャラット数( ダイヤモンドの重さ)を打ってあります。 きっとおばあさんの考えがあって刻印をお願いしたんだと思います。 私の想像ですが、いずれは娘
2 / 18先頭32最後

制作までの流れ

ジュエリーのリフォーム/オーダーメイドの制作までの流れをご紹介。

  • 1.お問い合わせ
  • 2.ご来店
  • 3.ご提案
  • 4.制作
  • 5.ご納品
  • TEL/FAX 079-293-7655
  • メールでのお問い合わせ
ページトップへ