宝石のリフォーム、修理、加工の専門店です。

立て爪の婚約指輪をリフォームしました。

スクリーンショット 2017-03-14 11.47.19
立て爪の婚約指輪が引っかかるので着けにくいって思われてる方が多いですね。

立て爪のダイヤモンドの指輪はダイヤモンドを美しく見せる為のデザインで昔の
婚約指輪はほとんどがこのタイプでした。

ケースに入れてタンスにしまわれている様です。普段使いしやすい指輪の高さを
抑えた指輪にリフォームされるとお洒落なアイテムとして復活することができます。

ダイヤモンドの周囲をミル打ちして、引っかかりの内容にフクリン留めするデザインが
オススメです。

ジュエリーシャロンでは、既製枠を使わないで全て手作りのオーダーメイドをしています。
なぜかというと指輪の仕上がりの良さと着け心地が全然違うからです。

永くご愛用いただける様に丁寧に綺麗にお作りします。

婚約指輪のリフォーム例を紹介しています。

タグ: ,

制作までの流れ

ジュエリーのリフォーム/オーダーメイドの制作までの流れをご紹介。

  • 1.お問い合わせ
  • 2.ご来店
  • 3.ご提案
  • 4.制作
  • 5.ご納品
  • TEL/FAX 079-293-7655
  • メールでのお問い合わせ
ページトップへ