宝石のリフォーム、修理、加工の専門店です。

おばあさんのダイヤモンドの指輪をペンダントにリフォームしました。

スクリーンショット 2017-02-10 14.54.40
おばあさんが大切に使っていた指輪をリフォームする第一弾です。

この指輪を拝見するとダイヤモンドが3つ入っているのですが
リングの裏側の刻印を見るとそれぞれのダイヤモンドの刻印が3つ
入っていました。普通は3つのダイヤモンドの合計でキャラット数(
ダイヤモンドの重さ)を打ってあります。
きっとおばあさんの考えがあって刻印をお願いしたんだと思います。
私の想像ですが、いずれは娘さんやお孫さんに譲ってあげようと
考えて自分の指輪を作ったんだと思います。

指輪を拝見すると作りもしっかりしていて、きっとオーダーメイドした
ものだろうな〜と思います。指輪をじっくりと見ると色々な情報が見て取れるのです。
この仕事を長年やってきた経験でどんな方が着けられていたのかも分かるようになってきました^^。

おばあさんには女の子のお孫さんが2人いて、今回は妹さんのペンダントネックレスにリフォームしました。

ダイヤモンドをプラチナで包む様に留めて、その周囲をミル打ちと言ってタガネで模様を一つ一つ打って
キラキラと輝く様に作っています。このデザインのいいところはダイヤモンドの周囲がキラキラと輝くので
ひと回り大きく見える点です。それとアンティーク調の雰囲気もあるので飽きがこないの永くご愛用できると
思います。

ネックレスは小豆型のチェーンでペンダントのデザインと馴染んでいい雰囲気を出しています。
おばあさんのダイヤモンドがお孫さんの胸元でキラキラと輝くっていいですね〜。

おばあさんからお孫さんへとダイヤモンドが受け継がれるという物語なお話です。
このリフォームをお手伝いできるのは、大変光栄な気持ちでいっぱいです。

ネックレスのリフォーム例を紹介しています。

タグ: , ,

制作までの流れ

ジュエリーのリフォーム/オーダーメイドの制作までの流れをご紹介。

  • 1.お問い合わせ
  • 2.ご来店
  • 3.ご提案
  • 4.制作
  • 5.ご納品
  • TEL/FAX 079-293-7655
  • メールでのお問い合わせ
ページトップへ